ハッと気づく幸せの瞬間|妊娠初期に必要な知識を得る

赤ちゃんが欲しい人へ

妊婦

妊娠したかったら二人で

近年、婚活や終活、就活、涙活など、活がつく言葉がよく聞かれるようになりました。妊活もその一つです。妊活とは夫婦やパートナー間で赤ちゃんがほしいときに、体作りや生活習慣を整えて妊娠しやすい体質を作る活動を指します。妊活という言葉が流行した背景には、日本の晩婚化や少子化などの社会的傾向が関係しています。晩婚化により結婚年齢が上がることで、妊娠率は下がるのが現実です。特に女性では卵子の衰えという問題があります。35歳以降に初産を迎えた女性は高齢出産になります。35歳という年齢には意味があり、35歳という年齢を期に、女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。それにより妊娠しづらくなってしまうのです。

パートナーと一緒に頑張る

平均して35歳をすぎたころからエストロゲンは減少し、40代になるとさらに減ることで自然妊娠がしづらくなり、流産などの危険性も上がってきます。近年の女性の社会進出により、晩婚化や高齢出産は増加しています。仕事でバリバリ働いていた女性は結婚や妊娠のタイミングを逃してしまうこともあり、いざ妊娠しようと思ってもなかなかできないということもあります。また男性側にも精子量の低下や運動低下などによる原因がある場合があります。妊活は夫婦やパートナーが一緒になって行う必要があります。バランスのよい食生活や適度な運動を取り入れた生活習慣などを心がけ、妊娠しやすい体質になることは大切なことです。同時に基礎体温を測ることなども行いましょう。